■キャンプレポート.18

吉田さんファミリー編
家族構成  夫、本人、息子(小3)、娘(年中)
 ご利用日 2013年5月5日から1泊
 ご利用サイト 個別サイト(電源設備あり)
 お住まい 奈良県
ゴールデンウィークはキャンプに行こう!!!!

そんな突然の夫の一言から始まった、キャンプ計画。
キャンプ未経験の子供たちは訳も分からず「キャンプキャンプ!!!」とハイテンション。
キャンプ=アウトドア=虫=虫嫌い!!!!!の私は若干ローテンション。
しかし、子供たちに新しい経験をさせたい。自然とともに過ごさせたい。
そんな気持ちでなんとか虫虫虫を頭から追い出し、キャンプ計画は実行に移ったのでした。

アウトドアにいいイメージがないというのはもちろん、
10年連れ添っている夫は言わなくてもわかっていることで、
いかに初心者に優しい、気持ちのいいキャンプ場はないかとあちこちネットを探し回ってくれ、
その結果たどりついた、志摩オートキャンプ場。

たくさんの荷物を積み込み、いざ、出発。
途中ぐっすり眠っていた子供たちでしたが、
いざ、海が見えると、さすが、海なし奈良県の子供たち。
海だ〜〜〜〜〜〜!!!!!発狂してました。

オートキャンプ場に着くと、そこにはもうたくさんのテントが張られていました。
さっそく、我が家も設置です。

小3の息子は初めて使うトンカチに興味深々。ペグを打つわ打つわ。
まあ、これが後々、後片付けの際の夫の大量の汗の原因となるのですが・・・。
年中の娘は、小さい身体で一生懸命寝袋を広げ、
「ここはお母さん、ここはお父さん」と寝る場所のセッティング。

そのうち、飽きてきた息子は木に登りだし、娘は踊りだす。

低血圧、低体温、循環の悪い私は、
要領の悪いテントのセッティングで軽く汗なんかかいたりして。

みんなで協力(?)してテントを設営しました。
その後は、晩御飯の調達です。

やはり時代の流れ。スマホで近場の肉屋を探し、ナビでゴー!!
あとは志摩に来たのだから、食べたい貝類。スマホで調べるも見つからず。
やはり、時代に影響されない人間のネットワーク。受付で近くの貝屋さんを教えてもらい、
立派な貝をびっくりするような安い値段で購入。さすが、志摩。

晩御飯はバーベキューをしました。
おいしい肉や貝に舌鼓。
日は陰って行き、少し寒さも感じ始めましたが、コンロを家族で囲んで笑顔で食べる。
それは暖かいものでした。



大人がゆっくりまったり食べている間、
子供たちは、受付でお借りしたボールでサッカーや、アリの巣の研究。
退屈することがありません。

夜、4つ並べた寝袋で身体を寄せ合って、温かく眠ることができました。
実際、テントなんて下の堅いところで寝れるのか?と心配しながら行ってた私。
テントに日がさし、その暑さのために初めて目が覚めるほど。それはぐっすり眠りました。




次の日は、歩いて行ける海までGO!
砂浜をはだしで歩き、冷たい海に足をつけ。それだけでも子供は生き生き。のびのび。
日常の急かされる生活の中、こういう時間が必要なのだなと感じさせられました。

初めは、不安でいっぱいだったキャンプ。
志摩オートキャンプ場はそんな人間にとって、その不安を一掃させ、
キャンプ心に火をつけるそんな施設でした。
とても楽しく、ゆったりした時間を過ごすことができました。



そうそう、私の虫嫌い。
帰りには、毛虫や尺とり虫を1分ほど凝視できるようにまで成長しました。
これは大きな成長ですよ(笑)

近隣のおすすめスポット やはり海でしょう。近くの砂浜はとても静かで気持ちよかったです。
おすすめの楽しみ方 ボールを貸してもらえたことはとても助かりました。
もっといろんな遊びの道具を持ってきていれば、子供たちも楽しめたと思います。
ご意見・ご要望等 正直、言うことありません。満足です。
キャンプ場より。 吉田さん、素敵なレポートありがとうございました。
キャンプのイメージが悪くならなくて良かった!志摩のイメージも悪くなくてよかった!笑
お子さんたちにも満喫してもらえたようです♪またいつでも遊びに来てくださいね★
追伸。毛虫や尺とり虫を1分も凝視できるように・・・かなりの成長です!!!
(※実は私も虫嫌い・・・)